企業が日々作り出し、時間とともに蓄積していく大規模なデータの中にビジネス価値が隠れているということは、ますます明らかになってきています。 その結果、Apache Hadoop のようなインフラストラクチャを使用する Big Data の処理は、一般的な企業のデータセンターにおいて主流となっています。ほとんどの場合、Hadoop のジョブ時間はビジネスの結果に直接関係しており、Big Data の処理は、リアルタイムもしくはリアルタイムに近い形で実行される事が期待されています。残念ながら Hadoop のジョブ結果は、多数のタスクがすべて完了した場合にのみ利用可能であり、並列したタスクの実行における不均衡に対して非常に敏感です。さらに、Hadoop の処理速度に影響を与えるその他の要因がいくつかあります、例を挙げるとデータの摂取率、マッパーデータアクセス、中間マッパーの結果整理、データへのアクセス回数低減、HDFS の初期複製、複製リカバリなど、ネットワークに依存するものです。これらのすべてがネットワークインフラに特有の要求をもたらし、同様に対処的なコントロールを伴うきめ細かな性能パラメーターを可視化する必要があります。
Dell EMC Open Network スイッチ上で稼働する Pluribus OpenNetvisor® Linux (ONVL) は、シングルポイントでネットワークファブリック全体の管理アクセスを使用して、この優れたレベルの可視性と制御を提供します。 一元化されたネットワークのファブリック全体の管理アクセスを使用して、優れたレベルの可視性と制御を提供します。ファブリック全体の統合されたビューにアクセスすることにより、CLI ベースの管理と API のプログラムによるアクセスが大幅に簡素化され、使いやすさとシンプルなアプリケーションインテグレーションを実現します。
Pluribus Open Netvisor Linux (以下 ONVL) によって提供される詳細な可視性により、Hadoop クラスタによくみられる危機的な状況を明らかにする事が出来ます。これらの結果は対応処置のためにリアルタイムで、もしくは遅延したジョブの根本的な原因を特定するために事後にも取り込むことが可能です。 Pluribus ONVL のテレメトリは、ネットワークリソースに起因するパフォーマンスの低下とアプリケーションレベルの不平衡を判別する便利なツールです。Hadoop ジョブの全体的な実行時間は、複数のフェーズに依存します。ONVL のアプリケーションフローの可視性は、クラスタ内のあらゆるフローのパフォーマンスの特性を提供します。
オープンなネットワーク基準と Dell EMC Open Networking マーチャントシリコンスイッチラインに基づいて、Pluribus/Dell EMC のソリューションが共同で、業界最高レベルの経済性を備えた Hadoop インフラストラクチャにおける前例のないファブリックの可視性と制御を提供します。

詳細は、ホワイトペーパーをダウンロードしてご確認ください。