IDC の調査によると、「企業がインフラストラクチャをより速いペースで更新することにより、俊敏性と効率性を高め、運用コストを節減できることが示されている。最新のインフラストラクチャによって、IT 部門はビジネス部門と連携して卓越したビジネス成果の実現を推進する、信頼できるパートナーとして機能することが可能になる。インフラストラクチャの更新サイクルの短縮によって、IT チームは、老朽化したインフラストラクチャの保守に費やしたであろう財源と人的リソースを開放し、広範かつ戦略的なビジネスへの取り組みをサポートすることに配分できるといった好循環を生み出すことが可能」とのことです (本文より引用)。

詳細は資料をダウンロードしてご確認ください。