ZettaScale Zシリーズ Z9000
高密度/高パフォーマンス 40GbE コアスイッチ

多ポート10GbEコアスイッチとして利用可能

  • 最大128ポートx 10GbEを実装可能
    ※(40 > 10GbE変換)Breakoutケーブル 
  • 2Uサイズ
  • 32ポート  40GbE QSFP+
  • 2.50Tbps のスイッチング容量
    (全ポート ノンブロッキング・ラインレート)
  • 1+1冗長AC/DC電源モジュール(ホットスワップ)
  • IPv4/IPv6ルーティング対応
  • Front-to-Back (Back-to-Front) Aireflow

参考資料

  
Z9000は近年高まっている、データセンタ・コアネットワークの10GbE/40GbE高密度化の要求に基づいて設計されたコンパクトな次世代ボックス型スイッチ/ルータ製品です。Z9000はエンタープライズ、HPC、クラウドコンピューティング、ホスティング等の10GbE/40GbE統合をサポートし、End of Row(EoR)スイッチの用途に最適です。Z9000は、32ポートの40GbE  QSFP+、もしくはブレイクアウトケーブルを使用して128ポートの10GbE SFP+として使用する事が可能、且つFTOSオペレーティングシステムを採用し、全てのレイヤ2、レイヤ3機能をサポートします。
 

分散コア型ネットワークトポロジー (Leaf & Spine)

Z9000スイッチは10 GbE/40GbEのネットワーク利用して、非常にスケーラブルなCLOSアーキテクチャ・ファブリック(分散コアデザイン)が構築可能です。分散された機器間の通信はレイヤ3ではECMP(OSPF、BGPなど)、レイヤ2ではTRILLを使用して構築することできます。分散コアデザインは、機器の単体トラブルが全体のスイッチファブリックに与える影響を防ぎ、ネットワークの柔軟性を向上させます。
Leafには、S4810 / S5000を利用した構成も可能で、ネットワークの規模に応じて構成できます。