2012年4月24日

12G PowerEdgeサーバーに搭載されるRAIDコントローラの一つにH310があります。このH310はHDDをNon-RAID構成する場合にもご利用いただくことになります。

サーバ起動POSTH310のユーティリティ(Ctrl+R)入る

F2 キーを押下し、メニューが表示される。
 “Convert to Non-RAID” を選択

Non-RAIDするディスクを選択

ディスクの選択画面が表示されるので、Non-RAID にしたいディスクを選択し、OKを押下

設定後の画面

物理ディスクのステータスを確認した画面

設定したディスクのステータスが Non-RAID になっている

POST画面での表示

Non-RIAD ディスクとして認識されている

インストールウィザード画面

ディスク設定画面でも6つの物理ディスクが表示されていた

これがNon-RAIDで利用する際のH310を利用したRAIDコントローラの設定です。

最後に設定を戻す方法についてもご紹介いたします。

Configを戻す方法

設定を戻したい場合は、F2キーを押下し、
Convert to RAID capable をクリックし、設定を戻すディスクを選択してOKを押下する

以上です。