信頼性の高い保護機能を持つ「デル データプロテクション (DDP: Dell Data Protection)」:デバイスの多様化や社外・在宅勤務などで懸念されるセキュリティリスクを回避し「ワークスタイルの変革」を安全に実現

 

デル株式会社は2015年1月22日、東京都内にて記者説明会を行い、デルのセキュリティスイート製品「デル データプロテクション (DDP: Dell Data Protection)」を発表しました (プレスリリース)。

近年、モバイルデバイスの進化により、ノート PC やタブレット、スマホといった多様な端末を使って、外出先でいつでもどこでもビジネスを行うことができるようになりました。さらに、在宅勤務などを含めた「ワークスタイルの変革」はこれからますます進んでいきます。その反面、ビジネスデータを搭載した端末は、盗難や紛失、マルウェアによる攻撃など、様々なリスクに常にさらされています。

DDP は、新しい「ワークスタイルの変革」を安全に実現するため、次の3つの観点から、エンドポイントのセキュリティソリューションを提供します。

暗号化Dell Data Protection | Encryption (DDP | E)
エンドユーザがどこにいてもデータを保護

DDP | E には、主に暗号化の対象別に以下の 8 つの Edition があります

  • Enterprise Edition:企業内で管理された PC のデータを暗号化
  • Personal Edition:ローカル PC のデータを暗号化
  • External Media Edition:USB メモリなど、外付けメディアのデータを暗号化
  • BitLocker Manager:Microsoft BitLocker の管理を簡略化
  • 自己暗号化 HDD サポート:自己暗号化 HDD の管理とサポートを統合 (Windows 7 のみ対応)
  • ハードウェア・アクセラレーター:FIPS 140-2 レベル 3 認定、大量データの暗号化 (Windows 7 のみ対応)
  • Mobile Edition:Android、iOS 端末のデータを暗号化
  • Cloud Edition:DropBox、OneDrive など、パブリッククラウド内のデータを暗号化

認証Dell Data Protection | Security Tools  (DDP | ST)
承認されたユーザだけにデータアクセスを許可

デル独自の ControlVault セキュリティチップでユーザのパスワードと認証情報を保護します

マルウェア対策Dell Data Protection | Protected Workpspace  (DDP | PW)
日常的な脅威からユーザとデータをプロアクティブに保護

作業環境を仮想化することで、メールやウェブサイト閲覧によるマルウェアの脅威を、仮想化環境内で隔離し、PC とデータを守ります

 

DDP | E は、わたしが使っている Dell Latitude ノート PC にもインストールされていました!

 

DDP については、いくつものビデオで紹介されています。
英語のビデオが多いですが、映像でご覧いただくとわかりやすいかと思います。
以下のビデオをご参照ください。

Dell Data Protection - Encryption (日本語版)