Windows® Server 2003 サポート終了 サーバ買換えキャンペーン 最大40%オフ! - ソフトウェアソリューション - Dell コミュニティ

Windows® Server 2003 サポート終了 サーバ買換えキャンペーン 最大40%オフ!

Windows Server 2003 サポート終了 サーバ買い替えキャンペーン 

2015 年 7 月 15 日 ( 日本時間 ) に Microsoft Windows Server 2003 のサポートが終了します。

サポート期間終了後の OS を使い続けることはハードウェアやセキュリティ、コスト的な面でリスクをともないます。
「故障でシステムが停止してしまう」「セキュリティパッチが当てられない」「バグの修正プログラムがない」「古いサーバを維持しようとしてコストがかかってしまった」など、お困りではありませんか? Dell では Windows Server 2003 をお使いのお客様に Windows Server 2012 に買い替えをご支援するキャンペーンを実施いたします。
この機会をお見逃しなく !!

◆対象製品
タワー型:PowerEdge T420 / T620
ラックマウント型:PowerEdge R420 / R520 /R620/ R720 / R720xd
オールインワン型:PowerEdge VRTX

◆キャンペーン期間
2014年3月24日~2014年7月31日

◆キャンペーン価格
販売価格より40%オフ

◆適用条件
Windows Server 2003をお使いのお客様でWindows Server 2012搭載サーバをご購入のお客様

◆ご購入方法
オンラインサイトよりクーポンをご利用いただくか、担当セールスまでご連絡ください。

お問合せ ›

キャンペーンについてのお問い合せはこちらから
 

 

 

 WIndows Server 2003について   デル・プロサポートプラスについて   サービス機能比較   ページトップ 

サポート終了期限が迫るMicrosoft® Windows® Server 2003

2014年4月にMicrosoft® Windows® XPのサポートが終了しますが、翌2015年7月にはMicrosoft® Windows® Server 2003のサポートも終了します。
それ以降は対象となる製品へのセキュリティ更新プログラムも提供されなくなり、特に重要な業務アプリケーションが稼動するサーバでは、クライアントPCと比較にならないほどの大きなリスクを伴います。
このため、余裕をもって最新のMicrosoft® Windows Server ® 2012 に移行されることをおすすめします。
Windows Server 2003のサポート終了まで、まだ時間があると考えてしまいがちですが、移行のための計画や準備は今から始めても決して早すぎることはありません 。


Windows Server 2012に移行するメリット

Windows Server 2012には、これまで高価なストレージ機器やソフトウェア・ソリューションでしか提供されなかったような高度な機能が標準で搭載されています。
これにより、先進的なITシステムを優れたコストパフォーマンスで構築できます。

 

 

 

● サーバ仮想化技術「Hyper-V」によるサーバ統合

Hyper-Vは、1台のサーバ上で複数の仮想的なサーバを動作させるマイクロソフト独自の技術です。複数のサーバで個々に運用されていた業務システムを1台のサーバに集約したり、社内に分散していたファイルサーバを1台に統合するときなどに役立ちます。

● ディスクの使用量を最小限に抑える重複除去機能

重複除去機能は、Windows Server 2012が管理するディスクの使用量を効果的に抑える機能です。例えば、Hyper-Vによってファイルサーバを統合した環境では、ファイルサーバ間で重複したデータを効果的に除去し、ディスクの使用効率をさらに高められます。

● 社外からでもサーバに接続できるDirectAccess機能

Windows Server 2012には、社外のPCからインターネット経由でサーバに接続できるDirectAccess機能が搭載されています。出張時や大規模災害などで出社できない場合でも、社外からサーバにアクセスして多くの業務をこなせます。

● 事業継続のための災害対策に役立つHyper-Vレプリカ

Hyper-Vレプリカは、Hyper-Vによる仮想サーバを遠隔地のサーバ上にも複製する機能です。メインサーバに万が一の障害があったときには、遠隔地のサーバによって業務システムの運用を引き継ぐことができます。

● Windows 8 搭載PCとの組み合わせでさらに便利に!

Windows Server 2012で構築されたファイルサーバは、SMB 3.0プロトコルに対応したWindows 8搭載PCから利用すると、さらに大きな効果が得られます。例えば、障害対策のために2台のファイルサーバを組み合わせた環境では、メインのファイルサーバに障害が発生したとき、IT管理者やエンドユーザが手動で設定し直すことなく、もう1台のファイルサーバにPCとの接続が自動的に切り替わります(SMB透過フェイルオーバー機能)。

OSの移行とあわせてサーバ本体も最新モデルに入れ替えるのがおすすめ!

既存のサーバにインストールされているWindows Server 2003をWindows Server 2012に入れ替えるだけでも、OSのサポート期限の問題は解決できます。
しかし、Windows Server 2003を搭載したサーバは、ご購入いただいてから長い年月が経過している場合が多く、中には保守サービスを延長できないものも出てきています。
このため、Windows Server 2012への移行とあわせて、サーバ本体も最新モデルに入れ替えることをおすすめします。

● 最新のサーバとOSを組み合わせることで生産性や投資効率がさらに向上!

最新のサーバは、優れたパフォーマンスを備えており、Windows Server 2012が提供するさまざまな機能を快適に利用できます。最新のサーバとOSを組み合わせることで、OSのサポート終了に伴うリスクを回避できるだけでなく、企業の生産性向上、IT投資の効率化にもつながります。

Dellの最新サーバに移行するメリット

Dellは、最新の業界標準技術に基づいて設計されたサーバ製品「PowerEdgeシリーズ」を、ラックマウント、タワー、ブレードのフルラインナップで 提供しています。
最新の第12世代PowerEdgeサーバは、長年にわたって積み重ねてきたDell独自の設計思想を受け継ぎながら、処理性能、拡張 性、運用管理機能などがさらに強化されています。

● 従来のサーバと比べて処理性能%82%84拡張性がさらに向上

堅牢かつコンパクトな筐体はそのままに、コア数やメモリ集積度が大幅にアップしたことにより、1台あたりの処理性能がさらに強化されました。これにより、例えばR620ラックサーバ上で同時に稼働可能な仮想マシン数は、前世代と比べ3倍に増加しており、飛躍的に向上したパフォーマンスを発揮します。

● 管理作業の自動化とエージェントレス化による生産性の向上

標準搭載のリモート管理モジュールiDRAC7により、監視エージ%A7ントのインストールなしで、完全なリモート監視環境%92実現します。iDRAC7はOSやハイパーバ%A4ザーか%82%89独立しているため、オープ%B3な環境に対応可能。OSがダウン状態でも、Eメールによる警告の受信が可能です。また、CPU、メモリ、HDD、ファン、電源モジュールなどの基本コンポ%BCネントだけでなく、外部ストレ%BCジ、NIC、HBAなどのあら%82%86るハ%83%BCドウェア・コ%B3ポーネントの監視が可能であり、サーバ管理の負荷を大%8Dく削減します。

● さらなる省電力化と効率化

高効率電源(80PLUS Platinum)の採用により、サーバの消費電力を大幅に削減します。
また、サーバ内に設置されたセンサーがCPUやHDD等の各パーツの状況を的確に把握。冷却用ファンの動作を最適化することで、電力効率とサーバ内の温度を常に最適の状態に保ち、無駄な電力の消費を抑えます。

●「Hyper-V On」:Hyper-Vをセットアップ済で出荷

Dellは、Windows Server 2012をインストール済の状態で出荷するだけではなく、Hyper-V環境をすぐに利用できるようにベースとなる設定を終えた状態で出荷する「Hyper-V On」オ%97ションも提供していますので、新規導入時の手間を減らすことができます。%94希望の際はご注文時にHyper-V On希望とお知らせの旨を下さい。

 

Windows Server 2012への移行計画は今こそが検%A8%8E開始のタイミング
Windows Serverの入れ替えには時間がかかります。移行前にサポート終了を迎えてしまうと、セキュリティ対策面のリスクは計り知れません。このため、今から移行計画を立て、サポート終了前にはWindows Server 2012への移行を完了させる必要があります。


● 今から計画を立ててスムーズに移行作業を実施していくことが重要!

サーバOSの移行は、余裕を持って1年以上前から計画を立て始めるのが一般的です。Windows Server 2003のサポートが終了する2015年 7月を見据えると、今こそが移行計画を検討しはじめる絶好のタイミングといえます。

 

 

DellがWindows Server 2003から最新OSへの移行を全面的にサポート
Windows Server 2003からWindows Server 2012への移行が急務となっている中、Dellはこうしたお客様のOS移行作業を全面的に支援する「Windows Server2003移行サービス」を提供しています。このサービスは、お客様それぞれの状況に応じた移行対象の調査・分析から実際の移行・導入支援までをトータルにサポートするDell独自のサービスです。

 

● お客様それぞれのニーズに合わせたOS移行サービスを提供

DellのWindows Server 2003移行サービスでは、お客様が実際にお使いになっているサーバ本体、そしてその上で動作するアプリケーション、ミドルウェア、データベースなどの稼働状況を把握し、どのような形で移行作業を行うべきかを的確に判断します。

● サーバOSやソフトウェアのみの移行プランにも柔軟に対応

DellのWindows Server 2003移行サービスは、最初のプランから移行までの一貫したサービスを提供するだけでなく、各フェーズ単位のサービスも個別に提供可能です。これにより、サーバの新規導入と合わせたOS移行のほか、OSのライセンスとソフトウェア部分のみの移行にも柔軟に対応します。

● OS移行に伴うビジネスへのインパクトを最小限に抑える支援サービスも提供

Dellは、お客様のIT部門に代わってヘルプデスクを設置するなど、移行時のインパクトや移行後のオペレーションに対する支援も行っています。これにより、お客様の負担を軽減しつつ、コストを最小限に抑えながらWindows Server 2012へと移行できます。

 

●Dellロゴは、米国Dell Inc.の商標または登録商標です。●Microsoft、Windows、Officeロゴは米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
●その他の社名および製品名は各社の商標または登録商標です。●本カタログに記載されている仕様は2013年7月1日現在のものであり、仕様が変更する場合もあります。
デル株式会社 〒212-8589 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア東館20F Tel. 044-542-4047 
www.dell.co.jp

     

 

Windows Server 2003 についてのお問い合せはこちらから

 

 

 

 

 

 WIndows Server 2003について   デル・プロサポートプラスについて   サービス機能比較   ページトップ 

●お客様のIT活用を強力に支援する「デル・プロサポートプラス」

昨今の変化するデータセンターや複雑なIT環境におけるシステム導入や運用を支援するため、専門知識や技術、環境情報を組み合わせてサポートするのが、「デル・プロサポートプラス」です。

デル・プロサポートプラスとは

「デル・プロサポートプラス」は、次のメリットを統合したサービスです(図1)。

①専門知識を有するスペシャリスト集団によるサポート

専任のテクニカルアカウントマネージャー、およびストレージやサーバだけでなく、エンタープライズ製品全域についてトレーニングを受けたシニアエンジ%8Bアへ直接相談ができます。他のエキスパートに引き継ぐ必要がないため、迅速に問題解決可能です。

②卓越したテクノロジー

SupportAssistリモートモニタリング機能により、お客様環境で発生した障害、機器構成、ファームウェアをシニアエンジニアとプロサポートプラスのお客様のみに送信します。DellのインテリジェントエンジンはSupportAssist情報にお客様の品質とサポート傾向を組み合わせたデータを収集し、分析し、トレンドや品質の問題、処理パワーを統合すべき分野を把握することにより、パフォ%BCマンスを向上します。

③インテリジェンス

専任TAM(テクニカル%82%A2カウントマネージャー)がお客様と協力しながらインテ%AAジェントエンジンから分析データを取得、推奨事項の導入を計画します。ファームウェアのアップデートの場合、デルのシニアエンジニアがお客様に代わってリモートで作業を行います。


 

プロサポートとの比較

表1は他のサポートサービスとの比較を%BAしたものです。プロサポート%97ラス%81%AF、他のデルプロサポート商%93%81を凌ぐ数多く%81%AEメリ%83%83トを提供しま%81%99。もっとも大きなメリットの一つはシニアエンジニアに対するダイレクトアクセスです。

 

プロサポートプラスを担当するシニアエンジニアは、プロサポートを担当するエンジニアの中でも特に選抜された精鋭部隊です。エンタープライズ製品の全ての基礎トレーニングを終了し、かつ、最低でも1 つもしくは2 つの製品群 (PowerEdge、PowerVault、ストレージ、ソフトウェア、もしくはネットワーク)に精通することが最低条件です。その上で、特にコミュニケーション能力等の適性を見極めた上で選抜されます。
ここで二人のシニアエンジニアを紹介しましょう。清水と加瀬は、日々お客様対応をしている現役のシニアエンジニアです。清水は2008年にデルに入社後、ノートパソ%82%B3ンのサポートを皮切りにサーバ、ストレージ、ネットワーク、ソフトウェア、VMwareサポート等Dellのエンタープライズ製品群の豊富なサポート経験を有しています。加瀬F2011年にデルに入社、最初は個人向けサポートを担当していましたが、1年後ストレージ製品サポートに異動。ストレージ製品にかかわらずさまざま%AA製品群を横断した要望が法人のお客様から寄せられることを知り、お客様全般の一元窓口となるプロサポートプラス・シニアエンジニアに立候補しました。両名とも、日々の業務に加えてさらに製品知識を広げよう%A8資格取得に取り組%82%93でいます。
そんな二人がプロサポートプラスになって変わった点として口を揃えるのは、トラブルシューティングにかかる時間の短縮です。お客様からも「すぐに的確な回答が返ってきた」「転送時間が減った」という声が寄せられているとのことです。 複数の製品に精通したシニアエンジニアの真価発揮というところですが、実はもう一つ大きな理由があります%80%82それはお客様の契約状態やIT構成を正確に把握してシニアエンジニアをサポート%81%99るTAM(テクニカルア%82%ABウントマネージャー)の存在です。シニアエンジニアはトラブルシューティングの際に、予め用意されたパラメータ(お客様ネットワーク図、機器リスト)を参照できるので、速やかに問題切り分けにとりかかれます。シニアエンジニアとTAMのチームプレイこそが、トラブルシューティング時間を短縮し、お客様機器の利用価値を引き上げる秘訣なのです。


  
 
プロサポートプラスのもう一つの大きなメリットは「SupportAssist」の存在です。SupportAssistを活用することにより、サポートオペレーションの自動化(表2)とIT運用上必要な情報(傾向障害や資産情報、推奨アクション等)を毎月入手できます。SupportAssistそのものは、通常のプロサポートでも提供可能ですが、プロサポートプラスの場合は、マンスリーレポートの項目を増やすことができます(表2下、一部例)。サービス履歴のレポートの他、ファームウェアとソフトウェアの修正に関する 提案やアレイ、ボリューム、容量のストレージ残量に関する使用率提案、ストレージ領域におけるアレイや商品のパフォーマンスに関する詳細情報を作成します。プロサポートプラスで提出されるレポートは非常に詳細で内容が深いものになります。

 

 プロサポートプラス ホワイトペーパー ›
       

 

デル・サポートプラスについてのお問い合せはこちらから
 

 

 

 

 WIndows Server 2003について   デル・プロサポートプラスについて   サービス機能比較   ページトップ 

Windows XP・Server2003からの移行はDellプロサポートに
お任せ!
  

2つのプロサポート(国内対応)で、御社を支援します。

1 .Dell プロサポート:新しいPC、Officeのヘルプデスク、エンジニアによる出張修理。24時間365日の電話サポート
2.Dell プロサポートプラス:複雑化するIT管理のために、複数機器サポート機能強化、IT 全体の管理に必要な情報提供機能を追加

デルプロサポートプラスは、専任のテクニカルアカウントマネージャやリモートからのファームウェアアップデートを標準スコープとするなど業界でもトップクラスのサポートレベルで、複雑な 現代の IT 運用を力強くサポートします。

 

サービス機能比較についてのお問い合せはこちらから