>> はじめに

マシンの登録が完了したSharePlex Managerについて、今回はどのようにステータスを確認していくのか?ということについて、見ていきたいと思います。

>> SharePlex Managerをどう使う?

デフォルトでログインした場合、以下のような画面が表示されます。

左右のペインの情報量が多く、慣れている場合には様々な項目へのアクセスがしやすいのですが、最初のうちは見づらいかもしれません。

そこで、SharePlex Managerとしての機能だけに絞ってみていくために、左右のペインを消してしまいましょう。

左右の▲印を選択すると、次のようなシンプルな画面になります。

なんらかの拍子に全く異なる画面になってしまった場合には、左ペインのHomesメニューからSharePlex Managerを選択するか、Dashboardsメニューから"SharePlex: Overview"の"SharePlex Manager"を選択してみてください。

>> Replication Overview

一番基本となる場面には、選択したビュー内のレプリケーション全体の概要が表示されます。

  • Status: 左側がソース、右側がターゲットを示して、色で状態を示しています。緑が正常状態、黄色が警告を、赤が障害を表します。
  • Stream Name: 複製ストリーム名
  • Instance Name: Sがソース側のホスト名:ポート番号、Tがターゲット側のホスト名:ポート番号を表表示します。
  • Latency: 複製ストリームの遅延を表示します。
  • Events: 警告(黄色)や障害(赤色)の状態を数で表示します。

※内容を抜粋してご紹介しています。詳細は、マニュアルをご覧ください。

>> Instance Overview

監視しているSharePlexインスタンスを、複製ストリーム別に一覧表示します。

  • Status: Replication Overviewとは異なり、複数段に分かれて表示されます。
  • Instance Name: ソースとターゲットが分かれて表示されます。
  • Rate: 秒あたりの完了した操作数を示します

※内容を抜粋してご紹介しています。詳細は、マニュアルをご覧ください。

>> Instance Detail

Replication OverviewもしくはInstance OverviewのStream Nameをクリックすると、複製ストリーム内のソースおよびターゲットインスタンスの詳細および、Capture、Read、Export、Import、Postプロセス等のステータスが表示されます。

それぞれのプロセスの状態を色で示して、右側にはグラフと時間によって遅延状況が表示されます。例えば、Captureの部分のグラフをクリックすると、より詳細が表示されます。

>> Process Detail

各々の子プロセス毎の詳細を確認することも可能です。各プロセスの右側をクリックすると、ドロップダウンメニューが表示されるので、Show Detailsを選択します。

例では、Capture Process Detailを選択したので、その詳細が表示されます。

プロセスによって内容は異なりますが、出力内容が多い場合には、スクロールするか画面を広げて確認するようにします。

大よそ項目名がそのままの意味になっていますが、詳細についてはマニュアルで確認するようにしてください。プロセスの詳細は、各々の子プロセス毎に用意されています。

  • Read Process Detailの場合
      

  • Post Process Detailの場合
      
>> ログをSharePlex Managerから確認

各SharePlexインスタンスのEvent Logを、簡単にSharePlex Managerから確認することができます。Events欄の一番右にある書類のアイコンをクリックしてみてください。

そうすると、各インスタンス毎のEvent Logが表示されますので、スクロールして確認可能です。

>> 状態を変化させた場合の確認

何もない状態を確認しても、実際の動きがわかりにくいかもしれませんので、例としてPostを手動で停止してみます。ターゲット側のsp_ctrlからpostプロセスだけを停止してみます。


sp_ctrl (rhel5spotrg1:2100)> stop post sp_ctrl (rhel5spotrg1:2100)> status Brief Status for rhel5spotrg1 Process State PID Running Since --------------- ------------------------------ -------- -------------------- Cop Running 3862 03-Jun-13 12:02:30 Import Running 3879 03-Jun-13 12:02:36 MTPost Stopped by user Cmd & Ctrl Running 4761 03-Jun-13 12:23:39 Cmd & Ctrl Running 4809 03-Jun-13 12:28:08 There are no active configuration files

更にソース側で以前使用したdemo.sqlを使用してトランザクションを発生させてみます。


[oracle@rhel5sposrc1 ~]$ sqlplus SPLEX/SPLEX SQL> @demo.sql

この状態では、Postキューにメッセージが溜まっていますが、そのことをqstatusコマンドで確認すると4013メッセージあることがわかります。


[splex@rhel5spotrg1 ~]$ $SP_BIN/sp_ctrl ******************************************************* * SharePlex for Oracle Command Utility * ゥ 2010 Quest Software, Inc. * ALL RIGHTS RESERVED. * Protected by U.S. Patents: 7,461,103 and 7,065,538 ******************************************************* sp_ctrl (rhel5spotrg1:2100)> qstatus Queues Statistics for rhel5spotrg1 Name: rhel5sposrc1 (o.src1-o.trg1) (MTPost queue) Number of messages: 4013 (Age 0 min; Size 66 mb) Backlog (messages): 4013 (Age 0 min)

同様の内容をInstance Detailから確認することも可能です。Postプロセスが停止し、Postキューに4013のメッセージが入っていることが確認できます。

start postを実行すると、処理が再開され、最終的にオールグリーンの状態になります。


sp_ctrl (rhel5spotrg1:2100)> start post

 

>> まとめ

今月は、SharePlex Managerを使用したステータスの確認方法について簡単にみてきました。実際には、使いながらいろいろと試していただき、少しずつ覚えていただくと良いと思います。

次回もSharePlex Managerをテーマにする予定です。