フォーラムを利用して、最近のSystem Centerとデルの連携についてメモしておきます。

デルは、SystemCenter連携ツール群を各種リリースしてます。 www.dell.com/systemcenter または 米国テックセンターにも多くの情報リソースがありますのでご覧ください。

 

アップデートポイント - 2013.11.12

1)デルのプロアクティブサポート、SupportAssistが、SCOMに対応

http://en.community.dell.com/dell-groups/dell_integrated_support/b/supportassist_blog/archive/2013/11/06/the-supportassist-for-microsoft-scom-release-is-ready.aspx

対応は、SCOM 2012、2007R2で、Dell Management Pack 5.0.1とSupportAssist for Microsoft SCOMアプリケーションを利用しろとあります。

SupportAssistは、障害発生時にProSupportからプロアクティブなサポートを提供する追加費用が必要のない付加価値サービスです。
SupportAssistの詳細は⇒ http://ja.community.dell.com/techcenter/support-services/w/wiki/440.dell-supportassist.aspx

 

2)SCVMMとDell Storageの連携Whitepaperが揃いました。     英語の資料ですが、分かり易いです。

          セットアップ方法も、SCVMMからの見え方や操作についても、細かくGUIが掲載されていて良いと思います。

  

3)米国でWindows Server 2012 R2、System Center 2012 R2のメッセージが出てます。

Dell and Microsoft continue their collaboration on an existing, affordable VDI solution to be previewed at Dell World

http://en.community.dell.com/dell-blogs/enterprise/b/inside-enterprise-it/archive/2013/11/11/dell-dvs-for-microsoft-at-dell-world.aspx

DVS(仮想デスクトップソリューション)のメッセージですが、↓のWindows Server 2012 R2のUpdateが、デスクトップ仮想化の利用を促進する機能が多く搭載されているので、今後も検証結果や、リファレンスアーキテクチャの更新に期待です。

  • Online Data Deduplication
  • Tiered Storage Space
  • Remote Desktop App improve

現時点の最新リファレンスアーキテクチャ

ご不明点や、気になったポイントなどがあれば、コメント↓ください。