インデックス

 

 

クイックリンク

※ OpenManage Essentials は v1.3 から サーバー製品にバンドルされなくなりました。
  上記のリンクからダウンロードしてください。

 

合わせて利用することで 『プロアクティブサポート』 を発動!
>> SupportAssist Wiki を参照

 

 

What's New

OpenManage Essentials v2.0 での新機能

  • 4000 個のデバイス、および 40,000 件のアラートに対応する強化された拡張性
  • 以下のものがサポートされました。
    • 参照サーバまたはシャーシからの設定テンプレートのインポート、テンプレートの編集、ほかのサーバまたはシャーシでのテンプレートの導入。
    • 関連付けられた設定テンプレートに対するサーバまたはシャーシコンプライアンスの状態を表示します。
    • OpenManage Essentials — サーバ設定管理ライセンス。
    • デバイスタイプの選択および必要なプロトコル設定詳細情報を入力しての、誘導デバイス検出の実行。
    • Dell OpenManage Server Administrator (OMSA) なしでの、オペレーティングシステムを通じた、管理ノード上でのファームウェア、BIOS、またはドライバのアップデート。
    • iDRAC サービスモジュール (iSM) の導入またはアップデート
    • シングルサインオン (SSO) 用に設定された iDRAC の仮想コンソールの起動。
    • 64 ビットの Dell Update Packages (DUP) の導入。
    • iDRAC を使用した、ネットワーク経由でマウントされた ISO からのシステムの起動。
    • 新規および追加レポートの可用性。
    • 追加インベントリ情報の可用性。
    • デバイスの保証ポップアップ通知画面。
  • 次のデバイスがサポートされました。
    • Dell PowerEdge 第 13 世代 (13G) サーバ
    • Dell Networking、Dell Compellent、Dell PowerVault、および Dell EqualLogic デバイスの追加のモデルのサポート

 

  

OpenManage Essentials の主な説明

 1. シンプル

  • 分かり易いユーザーインターフェイスと早いレスポンス
  • 容易なインストールとメンテナンス
  • シンプルな操作性

 2. ハードウェアの基本管理

  • デルサーバ、ストレージ、ネットワーク製品の検出・インベントリと監視
  • デルサーバのアップデートと構成変更
  • レポーティング機能 (サービス Tag、FRU とワランティ)
  • デルクライアント PC への対応

 3. エージェントレス・サーバー管理

  • PowerEdge 12G サーバ製品への対応、iDRAC 7 対応
  • PowerEdge 11G / 12G エージェントレスでのアップデート

この OME に関わるインストール、サーバの検出、デバイスのアップデートの技術資料を日本語で準備しています。 (下記、v1.0.1 時の資料の翻訳です)

 

OpenManage Essentials を利用した Dell SupportAssist の活用 

デルがお客様のデータセンター環境を監視し、デルがプロアクティブサポートを提供する Dell SupportAssist が始まっています。(2012年11月)
http://ja.community.dell.com/techcenter/support-services/w/wiki/440.aspx

 

 

また、無声で、世界のユーザー向けに作成された OME 紹介ムービーがありますので、こちらもご確認してみてください。(OpenManage Essentials 1.0.1 時のビデオ)