デルはマイクロソフトとの長いパートナーシップの中で、これまでからSystem CenterのポートフォリオとDell OpenManage製品を統合するソフトウェア製品を提供しております。

Dell OpenManageはシンプルでオープンなツールとして効率的なIT運用を実現するソフトウェア群で、その大半は無償で提供されています。マイクロソフトのSystem Centerとの連携ソフトウェアは全て無償提供しています。

連携ソフトウェアは以下の通りです。

◎What's New

 

◎技術資料



◎詳細の説明


監視ツール

Microsoft System Center Operations Manager (SCOM)とOpenManage連携は、Dell Management Packスイート(Dell MP)を無償で提供し、PowerEdgeサーバ(ブレード含む)、Dell PowerVault MDストレージ、EqualLogic PSシリーズ製品に対して、詳細な検出、監視を補助しています。

  • Dell Windows Server Scalable MPは大規模なIT環境に対応し、PowerEdgeサーバとPowerVault MDストレージの監視およびアラーと管理
  • Dell Windows Server Detailed MPは詳細の検出、アラート管理を、PowerEdgeサーバとPowerVault MDストレージに提供
  • Dell iDRAC(統合リモートアクセスコントローラ)の検出、監視、トラップ処理のためのパック: (New)iDRAC 7搭載12世代PowerEdgeでは、エージェントレス(OMSA不要)の稼働状況の監視が実現でき、OSがダウンした場合でも管理が可能です。
  • ブレードに搭載されるCMC(シャーシ管理コントローラ)とブレードサーバのDRACの検出および監視、トラップ処理の為の管理パック

 

導入(デプロイメント)ツール

Micro System Center Configuration Manager (SCCM)に対して、Dell Deployment Pack(Dell DP)をサーバー向け、クライアント向けに無償で提供しています。

  • Dell Client DPは、ビジネス向けPC、ワークステーション向けにCAB形式で提供されるドライバパックと合わせて、オペレーションシステムのイメージの作成、管理、展開が可能です。
  • Dell Server DP Suiteでは、One-To-ManyでBIOS、RAID、iDRAC、BMC、ドライバなどの展開を容易にします。
  • Dell Lifecycle Contoroller Integration(DLCI) for ConfigMgrでは、第11世代のPowerEdgeサーバ以降、エージェントが不要でOSやハイパーバイザの構成と更新が可能です。

  

更新(アップデート)ツール

Micro System Center Configuration Manager (SCCM)に対して、Update Catalogをサーバー向け、クライアント向けに無償で提供しています。

  • Dell Client Update Catalogは、System Center Updates Publisher(SCUP)を介してSCCMにインポートし、Windows OSが稼働するデルのビジネスクライアントPCのBIOS、ファームウェア、ドライバの検出と更新を支援します。
  • Dell Server Update Catalogも、SCUPを介してSCCMにインポートし、第11世代、12世代のPowerEdgeサーバおよびブレードのBIOS、ファームウェア、ドライバの検出と更新を支援します。
  • Dell Lifecycle Contoroller Integration (DLCI)でも、エージェント不要で第11世代、12世代のPowerEdgeサーバの構成管理と更新が可能です。

 

仮想化連携ツール

Microsoft System Center Virtual Machine Manager (SCVMM)と、Operations Manager(SCOM) (またはEssentials)の組み合わせに対して、デルはDell PRO-Packを無償で提供しています。Performance & Resource Optimization (PRO)を補完し、PowerEdgeサーバのOpenManageで検出する詳細のイベント情報とその対処方法をTipsにし、Hyper-V仮想化環境の自動化をより効率的に実現することが可能です。

 

ワークロードの自動化連携

Microsoft System Center Orchestrator (旧Opalis)と、データセンターのリソース管理ソフトウェア Dell AIMのIntegration Packを無償で提供しています。物理や仮想化環境が混在するデータセンターのリソース管理、n+1 の高可用性システム管理、DR(災害復旧)システムやデータセンターリプリケーション作業など、デルAIMのAPIsを、System Center Orchestrator(RBA)と連携させることで、AIMが実現するデータセンターのリソース管理に加えて、全体的なデータセンターの運用プロセスの自動化を行うことが可能です。

 

各種連携ツールはダウンロード可能www.dell.com/systemcenterですが、サーバ、ストレージ、クライアントPCとWindows、System Centerの各種バージョンに依存するため、最新製品の全ての連携ツールが提供されていません。各種バージョンのリリース時期については個別にお問い合わせください。

マイクロソフト・ソリューションについてのお問い合わせは、こちらのメールまでご連絡ください。

米国Dell TechcenterのHyper-V ManagementのWikiもご覧ください。