クイックリンク

What's New

 

概要

RACADM (Remote Access Controller Admin)ユーティリティは、PowerEdgeサーバのiDRAC/DRAC経由で、リモート/ローカルで利用可能なコマンドラインツールです。iDRAC/DRACのGUI操作と同等の機能を提供します。CMC(シャーシ管理コントローラ)もまた、RACADMを使ってリモートから管理できます。

  • システム情報の確認
  • パフォーマンス、電力の管理
  • ファームウェアの更新
  • 設定変更 など

IT管理者の方は、RACADMのCLIを使ってスクリプトの作成や、1 to Manyのファームウェア更新など行えます。

Dell PowerEdgeサーバは、オープンソースのCLIツール、WSManやIPMIToolも利用可能ですが、RACADMはiDRACの構成をより簡単にするために開発されています。 第12世代 PowerEdgeサーバではさらにユーザフレンドリなCLIツールとして、iDRAG7、Lifecycle Controller、NIC、BIOSオブジェクトなどの管理を提供しています。

  

 Windows版Linux版ともに、http://support.dell.com の各PowerEdgeサーバ製品(サービスTagで検索)のDriver and Downloads内に存在します。