サーバー、ストレージ、ネットワークはより統合的なリソースとして管理され、ブレードサーバやコンバージドネットワークを含む、『コンバージドインフラストラクチャ』が注目されています。 - コンバージドインフラストラクチャのWiki

統合プロジェクトが進む中で、コンバージドインフラストラクチャの利用と共に、プライベートクラウドを実現するための管理ソリューションや、複数のハイパーバイザー、マルチクラウド管理、SLA(サービスレベルアグリーメント)管理も重要になっています。

このWikiは、デル及びテクノロジーパートナーのプライベートクラウドソリューションをご紹介します。

 

プライベートクラウドソリューション

デルではプライベートクラウドを構築する上で、3つのポイントを重視しています。

  • セルフサービスによるテンプレートからのワークロード・デプロイ
    • Dell Active System Manager 7 提供予定 (旧Gale Technology)
    • EOL予定 - Dell VIS (DynamicOps - VMware社に買収)
    • マイクロソフト System Center
    • ヴイエムウェア vCloud Director
  • サービスレベル監視と、キャパシティ管理
    • Dell vFoglight 日本提供中 (旧Quest)
    • マイクロソフト System Center
    • ヴイエムウェア vCenter Operations
  • 迅速かつオンラインのハードウェアリソースの拡張
    • Dell Active System Manager 提供予定
    • Dell AIM (旧Scalent)

 AWSや、OpenStack、その他のマルチクラウド管理ソリューション - EnstratiusクラウドコンピューティングのWIkiでご紹介します。