データセンターを一つのブレードに集約

関連ブログ記事  


コンバージド・ブレードデータセンターの特徴

  • 【一元管理】 ブレードに搭載されたシャーシ管理コントローラ(CMC)
    • サーバ、ネットワーク、ストレージの死活監視、管理
  • クアッドハイトからフルハイトまで仮想化に最適化されたPowerEdgeラインナップ
  • 4つのパフォーマンス・容量から選べるEqualLogic PS-M4110ブレードストレージアレイ
  • iSCSI-DCB対応した低レイテンシな10Gb / 40Gb スイッチ Force10 MXL
  • サーバNIC=インターコネクト=Equal\Logic全てがDCB(ロスレスiSCSI)に対応

 

DCBの活用によりシンプルなネットワーキング構成

DCB(データセンターブリッジング)の利用によりiSCSI SANとLANのトラフィックを収束(コンバージド・ネットワーク)し、シンプルなネットワーク構成を実現することが可能です。

 

 

2つのネットワーク構成の概要

ブレード内で完結されたネットワークを構成するか、全てのトラフィックをToRスイッチ(DCB利用の場合はForce10 S4810)に送信させるかの2つのネットワーク構成が選択可能です。

  

ホワイトペーパー&関連資料

VDIソリューション

SQL Server 2012ソリューション

Windows Server 2012Hyper-Vソリューション

 

リファレンスアーキテクチャ

ビデオ

EqualLogic PS-M4110に関するビデオ