DELL Softwareは、仮想サーバや重要なアプリケーション、物理インフラ、ストレージ・インフラにおいて、最高のパフォーマンスの実現、迅速な問題の解決、容量の確保が行えるよう仮想サーバの監視/最適化製品ソリューション Foglight for Virtualization Enterprise Edition (FVE) ならびに Foglight for Storage Management (FSM) 製品を提供しています。

FVEは、Hyper-V とVMwareの両方に対応しており、これらハイパーバイザのパフォーマンス管理の問題を解決するため、優れた可視性を提供し、問題をより迅速に診断/解決します。またFVEは、ひとつのソリューションで、パフォーマンス管理だけでなく、仮想インフラストラクチャの監視、キャパシティ・プランニング(容量計画)、サービス管理、チャージバック(課金) のすべての機能を提供できる市場で唯一のソリューションで、仮想化環境を運用する上で不可欠な機能が統合されています。

FVEの主な機能

  • 分かりやすいGUIを使った問題の診断/解決 - 仮想インフラを構成するコンポーネントの関係を分かりやすく表示し、問題が発生している箇所や問題が発生する可能性がある箇所が重要度に応じて色別で表示されます。問題発生箇所をドリルダウンすると、より詳細な情報が得られ、 一目で仮想インフラ内で発生している問題を把握し、すばやく診断/解決することが可能です。
  • パフォーマンス管理/監視 - 仮想化運用監視におけるベストプラクティスを盛り込んだ運用監視ルールに加え、将来予測/通常動作からの逸脱なども監視できるアラートが事前に定義されているので、導入後直ぐに監視を開始できます。
    これらのアラートには問題解決のための専門家のアドバイスが組み込まれているので、アラートを解決するためのスクリプトを登録することで、問題解決までの時間短縮と障害対応の品質確保を同時に実現することができます。また仮想マシンで実行中のプロセスを可視化し、パフォーマンスに影響を与えているプロセスを特定することも可能です。
  • キャパシティ・プランニング(容量計画) - パフォーマンス監視時に取得した計測情報をもとに、仮想化環境内のすべてのレベルでリソースが効率的に利用されているかどうかをチェックし、リソースの過剰な割当てや割当て不足を検出します。また利用可能なリソース容量を自動で算出し、今後のリソース状況を予測し対応方法を提示します。
    シナリオ・モデリング機能も提供しているので、実データによる仮想マシンのホスト間移動のシミュレーションが可能です。
  • チャージバック(課金) - 仮想化インフラを利用している各部門システムやアプリケーションがどれだけリソースを利用しているか詳細に把握し、そのコスト分配を算出します。結果は、分かりやすいレポートを作成し、関係者やステークホルダーに提供します。リソース配分の状況を知ることで、ビジネスの要求に事前に備え、迅速に対応することができます。
  • レポーティング機能 ‐ 定義済みのレポートを活用することで、各サーバの使用状況はもちろん、パフォーマンス強化計画や仮想インフラ資産の変更履歴などを容易に把握できます。仮想インフラ全体はもちろん、サービスが利用するインフラのみを対象としたレポートの作成ができ、報告先に合せてレポートの対象を絞ることができます。またスケジュール実行機能とメール送信機能と組み合わせることで、定期的な報告を自動化することも可能です。
  • 定型作業の自動化 - 仮想化環境を運用する上で繰り返し実行する作業を、あらかじめスクリプトとして提供しています。スケジュール実行機能と組み合わせることで、作業を自動化し作業負荷を軽減しながら作業ミスも防ぎます。
    またGUIから仮想マシン管理者タスク (仮想マシン作成/削除、仮想マシンの設定変更、電源On/Off など) を実行することができ、管理者の作業を効率化します。
  • リソース割り当ての最適化 - パフォーマンス管理、キャパシティ管理で収集した情報を分析し、過剰なリソースが割り当てられている仮想マシンやリソースが不足している仮想マシンを抽出し、最適なパフォーマンスを保ちつつ、CPUやメモリを最適な状態にするために何をすべきか、仮想マシンごとに最適化プランを提案します。また、電源が入っていないVMや使われていないテンプレートや古いスナップショットなどを抽出しストレージの無駄を発見します。これらを自動で行うことで運用負荷を下げつつシステム効率を上げることが可能です。
  • VDI環境 (VMware View) の監視 - VDI環境のパフォーマンス問題をトラブルシューティングするために必要となる情報をモニタリングし専用のダッシュボードでわかりやすく可視化します。これまでのパフォーマンス監視と同様に、ベストプラクティスを盛り込んだ運用監視ルールを適用し、Viewのコンポーネント間の複雑なやりとりを積極的にモニタリングすることでエンドユーザ インタラプションを最小限に抑え、エンドユーザが満足するパフォーマンスの提供を確実にします。
  • 仮想マシンのストレージ監視 (Foglight for Storage Management) - 物理ストレージのパフォーマンスと仮想マシンのパフォーマンスを連携させ、根本的な問題解決のための情報を提示し、仮想化インフラのパフォーマンスをできる限り最大化します。基本的な物理ストレージのパフォーマンス情報に加え、より詳細なキャパシティ情報およびトポロジー・メトリックスを監視/管理し、より具体的かつ高度な容量管理を実現します。
  • 仮想化環境上のアプリケーション・パフォーマンスの監視 (オプション: Foglight for Active Directory、Fogligh for Exchange、Foglight for SQL Server) - 仮想化インフラ上で稼働するアプリケーションのパフォーマンスを最大化するための管理/監視機能を提供します。仮想化インフラだけでなく、その上で稼働するサービスの可用性とパフォーマンスを向上させます。